子どもの遊びや遊具、遊び場所に隠されている教え(教育的な意味)を知って、一緒の週末をもっともっと楽しもう!

水遊び

暑い日の代表的な遊びである水遊びは、身体をたくさん動かすだけでなく、五感をおおいに刺激するバランスのよい遊びです。水に触れたときの気持ちよさに加え、キラキラと自由自在に飛び回る水しぶきの不思議に、子どもたちは大きな歓声をあげて楽しみます。プールや海は王道ですが、家のお風呂やシャワー、庭でのビニールプール、大きな公園の噴水やじゃぶじゃぶ池、穏やかできれいな川等、身近な場所を利用すれば、遊びの幅も子どもの興味もぐっと広がります。

水遊びが教えてくれること

遊び心を養う

暑い日は水に触れるだけでも気持ちがいいものですが、水に慣れ、水を自由に扱えるようになるほど、子どもの遊び心は大きくなります。自分で水しぶきを作る楽しさ、飛び散るしぶきの美しさ、浮かべたおもちゃが流れる不思議など、水の持つ自由な性質を知れば知るほど、子どもの好奇心は刺激されます。

創造力を養う

水の流れを利用して、ボールを投げて自分の元に戻るようにしたり、葉っぱや浮かぶおもちゃで友だちと競ったり、遊び道具を工夫します。また水鉄砲等を利用して、遠くに飛ばすゲームやかけ合い、的に当てるなどの遊びを創造していきます。

五感を養う

日によって変わる水の冷たさ、バシャバシャとたたいた時の音や水しぶき、水の中で歩くときの体の重さ、物を落とし入れた時に水面に広がる波紋等、五感をフルに使って遊びます。

体力をつける

水の中で歩いたり、走ったり、転げまわったり、ボールを投げたり、体をたくさん使って遊ぶため、自然に運動量が増えます。これにより、水の中で体制をコントロールする力や自分の位置を把握する力が生まれます。

情緒を養う

水の気持ちよさ、光に反射してキラキラ輝く水しぶき、水にできる不思議な模様や流れを感じながら、暑い季節を体感して楽しむことができます。

社会性を養う

子ども同士で協力したり、競ったり、水で遊ぶための工夫を相談していきます。また、水鉄砲で遊ぶ際には、集団の中でのルール(水を補給しているときは打たないなど)を決めて、守ることを覚えます。

 

水遊びの遊び方・遊ばせ方

お風呂場で親と一緒に水遊びに慣れる

  • 蛇口から出る水を手のひらで受ける
  • お風呂に水を少しはり、足から入って冷たさを楽しむ
  • 手のひらに受けた水を飛ばしてみる
  • 手のひらに受けた少しの水を、顔につけてみる
  • ためた水を手でたたいてみる
  • ためた水に少しずつ頬をつけてみる

point
水に慣れてない子どもは、目・鼻・耳に水が入るのを嫌います。子どもが楽しいと思えるよう、親と一緒に少しずつ慣らしていきましょう。お風呂に水をはった時は、どんな少量でも子ども一人にしないよう注意しましょう。

水を楽しむ

  • いろいろな場所の水(公園の水道・噴水・じゃぶじゃぶ池、ビニールプール等)を触る
  • おもちゃのバケツ等に水をくんだり、溜めたり、流してみる
  • 公園のじゃぶじゃぶ池で遊ぶ
  • たまった水を足で踏んだり、蹴り上げて水しぶきを作る

point
外で遊ぶ時は、タオルや着替えを忘れずに持参しましょう。水がたまっている場所では、目を離さないようにしましょう。

立川市のゆうとくん

水で遊ぶ

  • 水鉄砲を使い、友達と遠くに飛ばす競争をする
  • 水に浮くおもちゃや葉っぱを浮かべて、流れていく様子を観察する
  • 友だちと水しぶきのかけ合いっこをする
  • ホースのシャワーで虹をつくる

point
水遊びをしてない人に水が飛ばないよう、見守りましょう。

足立区のたかしくんとひろきくん

注意:子どもは親の予測を超える遊び方をします。目のとどく範囲にいるよう心がけましょう。

 
Facebookページの「いいね」を押していただければ、更新情報が確認できます。
友だち追加数 OYAMANA LINE@でも更新情報が確認できます。



avant
bnr_live
とうきょう子育てスイッチ
bnr_live
PAGETOP
Copyright © 2015 avant DESIGN inc,All Rights Reserved.