子どもの遊びや遊具、遊び場所に隠されている教え(教育的な意味)を知って、一緒の週末をもっともっと楽しもう!

ターザンロープ

ターザンロープは滑車付きのロープにしがみつき、自分の体重を利用して傾斜をすべりおりる遊具で、大きな公園やフィールドアスレチックに設置されています。滑空をスタートするときの怖さを乗り越え、風を切って進んでいく爽快感とスピード感は、子どもの遊び心を満足させてくれます。何度も繰り返すうちに自分流の滑空スタイルを創造していくことも、この遊びの大きな魅力です。

ターザンロープが教えてくれること

遊び心を養う

高いスタート台から思い切ってすべり出すことで、怖さの先にある爽快感とスピード感を楽しむことができるようになります。この体験は、挑戦意欲を引き出すことにつながります。

筋力をつける

スタート台に登るときやロープにしがみつきながら滑空するとき、握力はもちろんのこと腕、背中、腹の筋力などをバランスよく使うため、全身が鍛えられます。

運動神経を養う

ゆれるロープにぶら下がりながら滑空することで、体がどこを向いているか、どれくらい傾いているかといった平衡感覚が養われます。また、思い切りよく飛び出すほどスピードが出る体験は、運動を調整する力を育てます。

創造性を養う

しがみつきながら滑空するだけでなく、体を後ろに反らしたり、ロープのより高い位置を握ったり、わざとロープを揺らしたり、自分で考えて遊ぶようになります。さらにゴールの際、ロープを離すだけでなく、ジャンプしたり、落ちてみたり、遊びの工夫をするようになります。

社会性を養う

子どもに人気のターザンロープは他の子どもと重なることが多いため、ロープを次の人のために戻したり、並んで順番を待つことを学びます。
また、友だちと遊ぶときには競い合ったり声をかけあったり、さらに年下の子どもには手助けをするなど思いやりの心が育ちます。

 

ターザンロープの遊び方・遊ばせ方

座ってすべりおりる(ロープの先に座れる道具がある場合)

  • スタート地点(高い所)に登る体験をする
  • ロープを握り、落ちない姿勢を自分で調整する
  • スタートの思い切りを覚える
  • すべりおりる怖さを楽しみに変える

point
ゴールまでは手を離さないよう注意を与え、爽快感とスピード感の楽しさを体験させてあげましょう。

世田谷区のりょうじくん

ロープにしがみついてすべりおりる

  • ロープを握り、足をしっかり絡ませてしがみつく
  • 振り落とされないように滑空する
  • ゴール地点での着地の仕方を覚える

point
自分を支える力がついているかどうか、見守りましょう。

大阪市のまさるくん

工夫してすべりおりる

  • ロープのより高いところにしがみつくことに挑戦する
  • 体をそらし、空を見上げながら滑空する
  • 腕の力だけでぶら下がるようにすべりおりる
  • ゴール地点で少しジャンプしておりる

point
いろいろな滑空スタイルを工夫ができるようアドバイスしましょう。

川崎市のれんくん

注意:子どもは親の予測を超える遊び方をします。目のとどく範囲にいるよう心がけましょう。

 
Facebookページの「いいね」を押していただければ、更新情報が確認できます。
友だち追加数 OYAMANA LINE@でも更新情報が確認できます。



avant
bnr_live
とうきょう子育てスイッチ
bnr_live
PAGETOP
Copyright © 2015 avant DESIGN inc,All Rights Reserved.